2006年04月01日

スクラッチ画を描いてみよう

親戚の子供とクレヨンで、お絵かき遊びしているときに、ふと思いついたので検証。

Q : タブレットPCでスクラッチ画を描けないかな?
A : できます。描いてみました。

sirenblack.jpg

スクラッチ画というのは、アレです。
まず、クレヨンでカラフルに塗りつぶした紙を、更に黒一色で塗りつぶす。
その上から、爪楊枝とか先の尖ったもので、絵を描くという、あの懐かしい描き方です。

というわけで、たまには「絵を描こう」のカテゴリっぽいことをやってみようかと思います。用意するものは、レイヤー機能のあるグラフィックソフト。そんなもの持ってない、という方は、PixiaとかPictbearとか、フリーでレイヤーの使えるグラフィックソフトを適当に探してみてください。

適当に描いても、割とそれらしい絵になるので、普段絵を描かない人にもお勧めです。

筆圧によるタッチがどうこうという話でもないので、タッチパネル式のタブレットPCでも特に問題なく描けそうです。というか普通のPCとマウスでも全然問題ないですね。それでは、手順をどうぞ。
手順1
sccrathbase.jpg
ブラシツール等で、画面を適当な色で塗ります。なるべく明度の高い色の方が、最終的な仕上がりが綺麗です。配色とかを考えないで、好きな色をがんがん投入しましょう。ちなみに今回は、色が混ざるので、手順2が要らなくなるということで、ArtRageで下地を作りました。。

手順2
フィルタ等で、画面を多少ぼかします。この手順は、やってもやらなくても構いません。ただ、使用ソフト・ツールによっては、色と色との境界がはっきりし過ぎていて、いかにもデジタルな感じになるので、それを避けようという目的の操作です。それも味といえば、味ですけどね。

手順3
scratchpaint.jpg
描いた上に、レイヤーを1枚追加します。そして、追加したレイヤーをお好みの色(なるべく明度の低い暗い色)で、塗りつぶします。

手順4
あとは、細めの消しゴムツールで、絵を描いていくだけです。
この色は、なんか違うな、と思ったら、下のレイヤーの色を塗り替えてしまいましょう。

なおCGなので、実際のクレヨンスクラッチ画では出来ない技法も使えます。それは、「上のレイヤーを明るい色でつぶす」という技法。白一色で塗りつぶした画面を、消しゴムツールでスクラッチしていくわけです。こうすると何となく銅版画っぽい絵になります。

sirenwhite.jpg


posted by かえんじゅ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TabletPCで絵を描こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。